きくりんのお役立ち掲示板

ちょっと耳寄りなお役たち情報を発信する掲示板。運動(筋トレ、サプリなど)、サッカー(FC東京)暮らし、イベント、地元観光スポットの話題など。

運動

筋トレの効果は女性にもオススメです!期間を短縮する方法はこれ!

投稿日:2018年12月14日 更新日:

筋トレは女性がダイエットするのにもおすすめです。筋肉が増えると基礎代謝も上がり、太りづらい体になります。

目的に合わせて、自宅でするか? ジムに通ううのか?決めかねているかもしれません。

でも、どうせなら結果を出すのに期間を短縮したいですね。

そんなあなたにその方法を教えます。

スポンサーリンク

・自宅でトレーニングする

先ずは手始めに自宅でトレーニングしてみようという方もいると思います。

僕も、自重トレーニングを皮切りに、腹筋台、ダンベルを購入してトレーニングをしてみたことがあります。

・メリット

メリットは好きな時間に好きなだけトレーニングできることでしょう。

もちろん、時間をかければ良いというわけではありませんので、注意が必要です。

当然、入会費、月会費などのコストがかかりません。

また、自宅なので、時間節約にもなりますね。

つまり、場所と時間を選ばないということになります。

>>こちらの記事も参考にしてください。

・デメリット

自由な分、継続性が難しく、リタイヤする人多いです。結果が見える前に辞めてしまう。

自分一人なので、孤独にトレーニングする必要があり、強固な意志がひつようとなります。

・ジムに入会してトレーニングする。

僕も大手ジムに入会経験があります。

ここはお金をかけて、自分を追い込んでやろうと思ったわけですね。

・メリット

最大のメリットは身体に負荷をかける、マシン、有酸素運動のランニングマシンなどが自由に使えます。

最初、見学時にトレーナーが使い方を教えてくれます。

また、実際にトレーニングを始めるにあたり、トレーナーにトレーニングメニューを提案してもらえます。

先ずは自分がどのように身体を作りたいかを伝え、メニューを考えてもらえます。

・デメリット

当然、入会、月または年会費がかかります。また、入会したジムの場所まで、通わないといけません。

最大のデメリットを感じたのは時間帯、曜日によって、使いたいマシンが混雑して使えないということでした。

トレーニングの種目と種目の間には適切なインターバル(休憩時間)があるので、それを超えてしまうと効果が薄れてしまいます。

また、トレーナーも専属ではないので、混雑時には中々聞きたい事、例えばフォームのチェックなどもしてもらえません。

フォームは大切です。フォームが悪いと効果が半減します。

・結果にこだわりたい方へおすすめする2つの方法は?

ここで、結果を出したい、時短したい、以前にトレーニングしたけど、挫折した経験があるという方に、おすすめしたい方法があります。

・パーソナルトレーニング

これはマンツーマンでトレーナーがメニュー作成、フォームチェック、インターバル管理までしてもらえるのでおすすめです。

僕は今、パーソナルトレーニングをしている最中です。

やはり、少しずつでも自宅トレ、ジムでの一人トレの時より、各段に結果を時短できています。

ただ、トレーニングする時間帯、日にちは事前に予約が必要です。

また、料金も普通のジムより割高ですが、結果にこだわるなら、おすすめします。

>>こちらの記事も参考にしてください。

・加圧トレーニング

僕のトレーニングしてるパーソナルトレーニングジムは加圧トレーニングも並行してやっています。

ジムを辞めてしばらく、時間が空いていたこともあり、最初は加圧トレーニングをしました。

最大の特徴はバンドで絞めて加圧し、疑似的にパンプアップの状況を作り出すので、負荷も通常より軽くても同じ効果が期待出ます。

例えば6kgの負荷をかけるところでも、加圧して3kgの負荷で同じ効果が得られるという理屈になります。ケガのリスクも減ります。

特に女性の場合、最初から重い負荷は無理なので、加圧トレーニングで軽い負荷から始めるのも良いでしょう。

>>こちらの記事も参考にしてください。

・トレーニング頻度はどれくらいが良いか?

自宅トレーニングでもジムでもトレーニングは、特に筋トレは毎日行えば、時短できるかといえば、それはNOです。

負荷や、トレーニングの部位にもよりますが、筋トレ後、身体は、破壊された筋肉を修復しようという動きをしますので、休ませることも必要です。

ここで、追い打ちをかけると、修復途中で筋破壊がされるので、結果、逆効果になります。

目安としては、週に2,3日のトレーニング頻度で良いと思います。

>>こちらの記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

・まとめ

  • 筋トレは男性のものは間違い、女性にもおすすめします。
  • 自宅トレーニング、ジムトレーニング、それぞれメリット、デメリットを理解して選んでみましょう。
  • 結果にこだわりたい方、時短を目指す方、一度挫折したけど、再チャレンジしたい方はパーソナルトレーニング、加圧トレーニングがおすすめです。

目的に合わせトレーニングの仕方を選んでみてください。

以上きくりんでした。

スポンサーリンク

-運動
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

知ってました?筋トレは時間だけかけてもダメ!初めてでも効果をあげるには?

最近、運動不測の人が、増えているようです。生活習慣病予備軍も多いそうですね。 ウォーキングのような有酸素運動も良いですが、これに筋トレをプラスすれば、もっと効果が得られますよ。 >>こちらの記事も参考 …

腹筋を引き締めたい女子にはこれ?!縦ラインに効く40代にもおすすめはこちら!?

腹筋が気になる女子でもパキパキに割りたいとまではいかず、引き締めて縦ラインまで。 という方、40代でも諦めないで、腹筋を引き締めるには体幹トレーニングがおすすめです。 部屋の中でも簡単にできるおすすめ …

筋トレの順番 部位と体幹はどれから?!女性にもおすすめの一週間自宅メニューはコレ!?

筋トレの順番には悩むところ、部位と体幹はどれから始めるのか?女性におすすめする一週間の自宅筋トレメニューはこちらです。 スポンサーリンク

筋トレは痛風に悪影響?!対策にはメカニズムを知り予防をしっかりとすること!?

僕は高尿酸値血症の治療を受けています。いわゆる「痛風」です。 発作の経験はありませんが尿酸値は高いです。生活習慣病は肥満が大敵。なので、筋トレもします。 しかし、筋トレをすることで、尿酸も作られます。 …

腹筋が気になる女子におすすめの鍛え方?!下っ腹を短期間で簡単にへこますにはこれ!?

腹筋が気になる特に最近下っ腹がと言う女子も多いかもしれません。 下っ腹ポッコリには理由があります。 ホントなら、下半身、上半身と筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げて行く方がオススメなのですが、先ずは気になる …

カテゴリー

当サイトへようこそ。

ハンドルネーム:きくりん です。サッカー観戦、お酒、バイク好きです。地元FC東京のホームゲームはほぼ、観に行きます。2017.7月にFP2級を取得して、AFP登録し、継続勉強中です。よろしくお願いします。