きくりんのお役立ち掲示板

ちょっと耳寄りなお役たち情報を発信する掲示板。運動(筋トレ、サプリなど)、サッカー(FC東京)暮らし、イベント、地元観光スポットの話題など。

暮らし

自転車のライトは修理 ダイナモは配線もあるので時間と料金もかかる!そんな時にオススメの方法はこちら!

投稿日:

自転車のライト、最近では色々な種類の自転車が出てきてライトも昔と随分と変わってきました。

とは言え、電気の部品は使っていれば故障はつきものです。

修理が良いのか、はたまた、交換した方がお得なのか、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

・昔ながらのダイナモタイプ

昔からある、自転車の前輪のフレームにつけられていて、レバーをがちゃんと入れると、前輪のタイヤにダイナモの回転部分が触ってタイヤの動きに合わせて、くるくると回る。中に電磁石が仕込まれていて、回転することによって発電してライトをつける仕組みですね。

最近は流石に電球ではなくLEDになってきたようですが、タイヤに当てて発電するので、ペダル操作が重く感じられます。

でも、コストは一番安価。おおよそ1,000円〜2、000円の価格帯で購入可能でしょう。

昔の電球タイプは電球か切れて、電球の交換で工賃含め、1,000円も掛からないと思いますが、最近のLEDタイプは電球に比べ、切れることは少ないので、大もとのダイナモの故障の方が多いかもしれません。

そうすると、いっそ新しく修理よりも交換してしまった方が、後々、持ちが良いかもしれませんね。

普通のダイナモタイプは、交換作業もドライバーなどあれば、自分でも作業は可能です。

部品だけ、ネットで安く買って、自分で交換して、工賃を節約という手もありですね。

・ハブダイナモタイプ

最近のママチャリにほぼ装着されています。

前輪の軸あたりに丸い円筒形の部品があるのがわかると思いますが、これがハブダイナモです。

これも前輪の回転に同期して発電し、ライトを付けます。ライトはLEDで、ライトの箱の中には照度センサーが仕込まれていて、周囲の明るさによって、自動でライトを付けます。

ライトの箱に小さな窓のようなものがあれば、そこに照度センサーがあります。

その子窓をテープのようなもので塞ぐと、常時、暗いと判断し、ライトは日中、夜間問わず点灯することができます。

こちらは修理、交換はその時の判断ですね。

まずはハブダイナモ本体であるのか、それとも先のライトの方なのかで違って来ます。

ライトの箱とダイナモの間は、ケーブルが伸びています。

ライトから伸びたケーブルは交換可能なようにコネクターで接続されて、取れるようになっています。

ライトがつかなくなった時、先ずはこの、コネクターが外れていないかをチェックしてみてください。

振動や何らかの要因で引っ張られ、抜けている場合があります。

これが原因であれば、コネクタを接続し直せば、ライトは付きますので、自転車屋さんに持っていく必要が無くなりますよ。

特に外見上、問題なければ、ライトのLED、もしくは中の回路の故障、もしくはそうでなければ、ハブダイナモ本体の問題なので、自転車屋さんで修理、交換が必要でしょう。

ライトの方は修理より、ライトの交換になると思います。内部回路も自転車屋さんでは把握できていないと思うので、回路の修理までは無理でしょう。

ライトは2,000〜3、000円位の価格帯で、後は自転車屋さんの工賃です。

自転車屋さんに確認してみてください。

ホームセンターで配線部材を購入して、配線は可能ではありますが、自転車は外で使うので、ちょっとした雨、などの防水処理も必要になると思います。

自信があれば、、、ですが、ちょっと難しいと思うなら、自転車屋さんにお願いした方が良いかもしれません。

ハブダイナモ本体の故障では、これは自転車屋さんにお願いするしかないので、修理は難しいと思います。

リム(前輪の金属フレーム部分)毎の交換になるのか、ハブダイナモだけを交換できるかでも、だいぶ違うと思います。リムにハブダイナモがついている部品だと1万円近くするのもあります。

ハブダイナモ本体だけだと多種多様ですが、4,000円でお釣りが来るものもあるので、相談してみてください。

便利な分、故障時の修理、交換は大変ですね。

 

・着脱可能なハンドルバー取り付けタイプ

これは、スポーツタイプのロードバイク、クロスバイクのハンドルのバーに取り付け可能なライトです。

何と言っても、これはポン付(後付け)可能なのがメリットです。

付属のアタッチメントでほとんどの自転車に装着可能でしょう。

このタイプは前を照らすタイプの他にセーフティライト(テールランプ)という、赤い光で、後方に対し、車のテールランプのように注意を促すものもあります。

さらにこのセーフティライトは賢いものは、振動センサが内蔵され、自転車が動いている間、それを感知して光る優れものもあります。

要は駐輪場に置いているときは勝手にライトが切れるタイプですね。

このタイプは大きく、

・乾電池(単三電池)で動くもの

・充電池内蔵でUSBで充電できるもの

があります。用途によって選べますね。

選び方は、上記の電源方式、光度(lm:ルーメン)でしょうか?

視認性、安全性で言えば、できれば、100lm以上が目安となります。

大体、3,000円から4,000円で購入検討可能でしょう。

 

・おすすめなのはこれ!

私も使っているライトはこれです。

キャットアイ製のVOLT200です。USB充電式で200lmで使い勝手良いです。

点灯、点滅、強、弱調整があり、充電を即するインジケーターもあります。

オススメです。価格は3,200円程です。(アマゾンだと2,800円ほど)

 

・メリット

  • USB充電なので、電池交換の必要なし。
  • 着脱式でいざという時、持ち運びして簡易の懐中電灯になる。
  • 簡単に取り付け可能。

・デメリット

  • 着脱式のため、盗難に会う可能性大。
  • 充電式はこまめの充電が必要。

実際に私は盗難にあいました。

駐輪場に止めてあった自転車の赤いライトが黒に変わってました笑

 

スポンサーリンク

・まとめ

  • 自転車ライトは色々あるけど、用途に合わせて目的に合ったものを選ぼう。
  • 修理よりも交換の方が結果安価に済む場合あり。
  • 着脱式は手軽だけど、盗難に気をつけて。

賢く選んで、使い倒しましょう。以上、きくりんでした。

 

スポンサーリンク

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お正月の初詣に知っておきたい豆知識を教えます

お正月には初詣に行かれる人が多いと思います。 例えば近くの氏神(うじがみ)様で済ませる方、今年は子供が受験だら勉学の神様にお参りに行きたいとか、最近、良縁がなく困っているから運を変えたいって思っている …

パーソナルトレーニング とジムの違いと女性にオススメする理由

こんにちわ、きくりんです。 今日は僕も通っている、パーソナルトレーニング について書いてみました。 僕は大手ジムに通っていたこともありますが、今は地元のパーソナルトレーニング で、加圧トレーニングを3 …

プロテインダイエットの飲み方は運動前と運動後どちら?運動しない日は置き換えがおすすめ!タイミングはいつ?!

プロテインダイエットは食事の一部を置き換えてカロリー摂取を抑える方法ですが、それに運動をプラスすると更に効果的、その飲み方は運動前と運動後どちらが良い? 運動しない日は飲まなくても良いと言うのはちょっ …

もやしっ子とはもう言わせない!栄養があるもやし!!オススメの食べ方は?

こんにちわ、きくりんです。 毎日暑い日が続きますね。バテてないですか?ちゃんと食べれていますか? 今回は暑い夏でもシャキシャキっと食べれる「もやし」のオススメの食べ方をご紹介。 もやしのイメージはひ弱 …

知っておきたい菌の取り方、乳酸菌と合わせ色んな菌で効果がでてくる。

こんにちわ、きくりんです。 運動と合わせ、食事の取り方も大切ですね。 特に栄養は腸から吸収されます。なので、腸を元気にしておくのは大切です。 腸内の環境を改善するには乳酸菌は必須な菌です。 やみくもに …